安心の性生活を送るために。低用量ピル・アフターピルをご準備ください。昨今、処方箋がなくても通販ショップから個人輸入という形で購入できます。

低用量ピルとおりものとエストロゲンについて

低用量ピルは高い避妊効果を期待できる薬として人気が高くなっています。また、生理痛の緩和や美肌効果などもあるため、利用したいという人が多いでしょう。低用量ピルには、卵巣から分泌されるエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが含まれています。低用量ピルを服用する外からエストロゲンを取り入れることになるのですが、そうすると血液中のエストロゲン量は少なくなります。それによって受精卵の着床を防ぐことができるため、避妊効果を期待できるということです。おりものは女性なら誰にでもあるものなのですが、その量や状態には個人差があります。人と比べられないので気になってしまうものですし、不快に感じている人も多いでしょう。まずおりものは細菌が膣から体に入ってくるのを防ぐという働きがあり、膣の中を綺麗に保つために必要となります。さらに、排卵期に受精の手助けをするという作用もあるのですが、特に子宮の出口から出るおりものは精子がスムーズに到達するようにサポートするということです。女性の体は常に女性ホルモンの影響を受けており、一定の周期で変化を繰り返すものです。おりものにも周期があり、その周期に合わせて状態や量が変化していると言われています。卵巣から分泌される女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つの種類がありますが、おりものの量はエストロゲンの分泌にほぼ比例しています。また、おりものの状態は2つのホルモンと深く関わっているため、自身のおりもの周期や変化を知っておくことで生理周期や排卵日の目安を知ることもできます。ちなみに、妊娠可能な年齢はおりものの量が多くなりますが、閉経とともに量がかなり少なくなります。