安心の性生活を送るために。低用量ピル・アフターピルをご準備ください。昨今、処方箋がなくても通販ショップから個人輸入という形で購入できます。

低用量ピルの病院と血栓症の原因

低用量ピルは避妊に高い効果を期待できる薬として人気となっており、病院で処方を受けることができます。また、避妊だけでなく生理の出血量を減らす効果や生理痛を軽減する効果、美肌効果なども期待できるため、利用してみると良いでしょう。ちなみに、低用量ピルは病院で検査を受けてから処方してもらうことになるため、薬局やドラッグストアなどで買うことはできません。病院で処方される低用量ピルは安全性が高く、安心して服用できる薬と言われています。しかし、病院で処方される低用量ピルにも吐き気や不正出血、頭痛、体重増加などといった副作用が起きてしまうことがあります。健康な女性であればそのような副作用が起きることはほとんどありませんし、起きたとしても飲み続けることでそのうち治まっていきます。ちなみに、ピルというと血栓症との関係性が話題になっており、死亡例も報告されています。血栓症は血液組成や血管壁の状態、血流の状態などといった原因で起きるとされており、血栓症とピルの関係性についてチェックしてみると良いでしょう。もちろん国内のピルを用法・用量をしっかり守って使っていれば、このような副作用はほとんど起こらないと言われています。また、不安な場合は定期的に医療機関で検診を受けるのがオススメであり、血栓症という病気のリスクについても知っておくと良いでしょう。また、すぐに死に至るような病気ではないため、少しでも気になることを感じたら病院で相談してみることが大切です。低用量ピルの服用が原因で起きる血栓症について詳しく知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。「低用量ピル 血栓症 原因」などといったキーワードで検索するのがオススメです。