安心の性生活を送るために。低用量ピル・アフターピルをご準備ください。昨今、処方箋がなくても通販ショップから個人輸入という形で購入できます。

低用量ピルの種類と偽薬期間を含む服用周期の説明

ピルには、高容量ピルと中容量ピル、低用量ピル、超低用量ピル、アフターピルなどがあり、現在では副作用の問題から高容量ピルや中容量ピルは子宮内膜症や月経困難症などの治療に処方され、日本国内では低用量ピルが主流となっています。
又、主成分となる薬剤の種類により第一世代~第四世代に分類され、1周期で服用する薬剤の女性ホルモンの配合量の変化により1相性~3相性に分類されています。
1相性は、偽薬以外の薬剤に含まれる女性ホルモン量が全て同僚であるピルであり、2相性は偽薬以外の薬剤のホルモンの量を2段階で調節していき、後半に黄体ホルモンを増量していくピルです。
3相性は、女性ホルモンの配合量が異なる3種類の薬剤を服用するピルであり、総ホルモン量が少なくてすむ中間増量型と徐々に黄体ホルモンを増加していく漸増型の2種類ピルがあります。
漸増型の3相性ビルの方が、より自然な形で体に対する負担が少ないとされています。
低用量ピルの使用方法には、生理が始まった日を第1日目とするDay1スタートと生理になって初めての日曜日から始めるサンデースタートの2種類があります。
サンデースタートは、生理になった初めての日曜日から土曜日までの1週間を他の避妊方法で凌ぐ必要性がありますが、生理と日曜日が重ならないメリットがあります。
Day1スタートは、生理初日から服用しているので他の避妊法を併用する必要が無いメリットがあります。
一般的な中用量ピルは、生理の5日目からの服用を繰り返していましたが、低用量ビルは3週間ホルモン剤を服用し、1週間の休憩の繰り返す4週間を1周期として構成されています。
しかし、1週間の休憩が有る為に飲み忘れピルの服用周期を崩してしまうケースが多かった為に、現在では女性ホルモン剤を含有していない偽薬を1週間服用するタイプの低用量ピルも市販化されています。