安心の性生活を送るために。低用量ピル・アフターピルをご準備ください。昨今、処方箋がなくても通販ショップから個人輸入という形で購入できます。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンについて

女性の身体の中には、卵胞ホルモン(別称・エストロゲン)と黄体ホルモン(別称・プロゲステロン)の2つのホルモンがあります。この2つのホルモンのバランスは、その分泌量によって随時変わりますが、このバランスが正しい場合、基礎体温等が正常化され、生理、妊娠、出産などが出来るのです。
このような、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの作用を利用して、避妊を促す薬品のことをピル(避妊薬)と呼びます。主に通常避妊薬と緊急避妊薬の2種類があり、通常避妊薬は性交渉前に利用するピル、緊急避妊薬は性交渉後に利用するピルといって良いでしょう。
なお、ピルは医薬品として扱いであり、これには副作用も発生します。主な副作用としては、不正出血や悪心(胸のあたりが気持ち悪い等)があります。なお、低用量ピルには、ほとんどの副作用は無いとですが、ホルモン量の多い緊急避妊薬については、血管内の詰りが発生する血栓症など重大な副作用も一部報告されています。
このような避妊薬は、通常産婦人科にて処方されるものですが、その費用等を考慮すれば、一部海外商品等の通販によって購入することも出来ます。通常通販では、個人輸入としての扱いになり、日本国内で適用される薬事法に定められた範囲内の数量ならば、個人輸入が可能で購入に関しての処方箋は必要ありません。
通販によるピル購入のメリットとしては、前述のように処方箋の必要が無いことや、購入価格が安いことが挙げられるほか、産婦人科等の医院に通院する必要が無く、そのかかる費用を最低限に抑えられることがあります。
ただ、注意点としては通販において、特に海外からの個人輸入については、優良業者を選ばなければ、粗悪品、中には成分が一切配合されていないものなどもありますので、まずはインターネット等で信頼できる業者を選定することをお薦めします。