安心の性生活を送るために。低用量ピル・アフターピルをご準備ください。昨今、処方箋がなくても通販ショップから個人輸入という形で購入できます。

妊娠中と同じ効果が得られる低用量ピルの成分量の特徴

低用量ピルは服用することによって体を妊娠中と同じ状態にしていくことが出来ます。これによって妊娠中だからこそ得られる効果を得ることが出来るのです。
女性が妊娠中に得られる効果、それは排卵を止めることができるということ、さらにはホルモンのバランスをより安定させることです。通常、女性の体は脳下垂体から分泌されるホルモンによって排卵を促したり、子宮の状態を妊娠しやすい状態に整えていきます。低用量ピルは成分に女性ホルモンを含むことで脳下垂体に直接働きかけ、体が妊娠中と同じ状態であると勘違いさせているのです。それによって排卵をより自然な形で止めていくことができ、結果的に高い避妊効果を得ることが出来るというわけです。
低用量ピルは先にも述べたように、成分の中に卵胞ホルモン、黄体ホルモンの二つの女性ホルモンが含まれています。これが期間ごとに、うまくバランスをとって配合されているので子宮内膜組織の増殖を防ぎ、生理痛の緩和、過多月経の症状の解消にも効果を発揮します。子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などの病気による同じような症状の緩和にも効果を発揮するため、実際に多くの医療機関でこれらの病気の治療目的に活用されているのです。
低用量ピルは従来のピルに比べて含まれているホルモン成分の量が幾分抑えられているので、飲み始めの副作用をより抑えていくことが出来ます。もちろん、それでも服用開始後数週間は頭痛やめまい、軽い胸やけなどの症状を感じることもあるでしょうが、それも他のピル製品に比べるとごくごく軽度のものです。より手軽に服用することができる、さらには副作用のリスクも最小限、実際日本でもこのメリットの多さから、治療目的や避妊目的、多様な場面でこの低用量ピルが活用されているのです。