安心の性生活を送るために。低用量ピル・アフターピルをご準備ください。昨今、処方箋がなくても通販ショップから個人輸入という形で購入できます。

2015.12

低用量ピルの種類と偽薬期間を含む服用周期の説明

ピルには、高容量ピルと中容量ピル、低用量ピル、超低用量ピル、アフターピルなどがあり、現在では副作用の問題から高容量ピルや中容量ピルは子宮内膜症や月経困難症などの治療に処方され、日本国内では低用量ピルが主流となっています。…続きを読む